男の人

関東地震が起こったときに備えよう|地震予測サービスを活用しよう

震災に備えよう

災害

震災は他人事でなく、日本に住んでいる限り、誰でも合う可能性があります。地震予報がある前に、事前に訓練することが生き延びる為にも大事なことです。事前に避難場所の確認をすること、水や食料を用意しておくことで震災後の生存確率が大きくあがります。

安否確認を取る方法

地震

震災に遭遇してしまう前に、事前に震災に備えることが大事です。防災グッズ等を揃えるだけでなく、地震を予知できるサービスに登録することをお勧めします。地震予知サービスは、地震速報だけでなく、家族の安否も把握できるのでお勧めの震災対策方法です。

災害に関する情報を得る

女性

地震に備えた行動の必要性

日本は、地震が多い国としてさまざまな国から注目されています。これまでにも、東北地方や九州地方でも大きな地震が起こっていることは、多くの人々の記憶に新しい出来事です。これから先、関東地震も起こるのではないかと心配されています。地震が起こるメカニズムを理解し防災の取り組みをしっかりと行うことで、万が一大きな揺れが起こっても落ち着いて行動することが可能です。日本周辺には、地震の原因となるプレートがいくつもあります。このプレートにひずみが溜まり負荷がかかったプレートが跳ね返ることで揺れが発生するのです。日本では、さまざまな地域で地震予測のために、海底や地中から調査が行われています。地震予測情報を受け取るシステムも広まりつつあり、揺れを予測した際にはアプリやメールなどで知らせてくれるサービスも人気です。震源に近いエリアでは、地震予測から地震発生までの時間が短くなってしまうこともあるため、通知を受け取ったら速やかに対応する必要があります。関東地震が起こった場合に備えて、地域や企業では積極的に災害訓練が行われています。家庭でも定期的に非常食の点検をしておくなど、常に災害に対する備えをしておくことが大切です。また、関東地震などの揺れを知らせてくれるサービスを利用していても充電が不足していたり電源が落ちていると、せっかくの情報も正しく受け取ることができません。携帯電話やパソコンなどのサービスを利用している端末の管理にも気を配りましょう。さらに、関東地震が発生した際のシミュレーション映像などを見ておくことで、被害予測や対応の参考にすることができます。

専門家と世間は違う

女性

地震が将来的に発生する可能性を指摘するという意味での予想は可能です。これまでも、プレート境界地震を中心に周期性を考慮した対策をしてきました。しかし、一般市民が求める、「何年何月何日」、「どこで」、「どのくらいの規模」というのを正確に予想することはできません。